TOPページへ くじゅう山案内マップへ

黒岳(くろたけ:1587m)

ガラン台奥から見る黒岳 黒岳は九重連峰の最も東に位置する山である。
久住山付近には樹木はあまりないのとは対照的に黒岳は豊かな原生林と名水に恵まれている。
秋の紅葉の景色は素晴らしく、多くの人達が訪れる。
山頂のピークは高塚(1587m)と天狗峰があるが、天狗峰の山頂付近は大きな岩石で覆われており、展望は抜群である。

左写真:ガラン台奥から見る黒岳
【主な登山コース】
  (1)男池コース
    男池登山口→ソババッケ→奥ゼリ→風穴→黒岳 (歩行時間:登り約3時間10分)
  (2)白水鉱泉コース
    白水鉱泉→前岳→黒岳(高塚) (歩行時間:登り約4時間30分)
  (3)七里田側コース
    ガラン台→風穴→黒岳(歩行時間:登り約2時間10分)
晩秋の天狗山頂 冬の天狗山頂
晩秋の黒岳天狗山頂にて 冬の黒岳天狗山頂にて